2014年学会「会則変更」の話

僕は、2014年の会則変更に批判的だ

と言いきる学会批判者さん。
学会信仰に対しては何の興味も持たないはずの人間が、そのどうでもいいはずの学会が会則を「変更」するとなると、チョイと文句をはさみます。

個人的にはこんな会則変更の話などどうでもいいのですが、どうでもよくない学会批判者さんのその意見って一体どんな感じなんでしょう。
何となく気になる、そんなお話です。

学会の憂うつ…「僕が創価学会の会則変更に批判的な理由

〇   〇   〇

といっても、見たことも無い大御本尊に対して、僕は何の思い入れもない

おいおい、無責任じゃないその言い草…?
それは兎も角、彼の言い分を聞いてみましょうか。

また、日蓮正宗の大御本尊を巡る教義は、後世の人間が独自に編み出したものだと思っている。
そんな僕が会則変更に反対する理由は、ジレンマに苦しむ会員を一定数生んでしまったからだ。
大多数の会員は無関心のようだが、この会則変更によって二律背反的状況に直面した人が一定数いる。その人たちとは、下記の2つの命題を同時に信じる人たちだ

彼の話す通り、この手の「会則」などは大聖人の時代からかなり経たその後に出来た事だと言うのは確か。
それぞれの会則は、それぞれの時代の中から生まれ、そしてその時代を映しているのが普通の事。
今回(2014年)の会則変更に対してブログの彼が言うには、少なからずの学会員が「ジレンマ」を感じているという主張がある、との話。

二律背反のその理由とは…。

(A)本門戒壇の大御本尊は、日蓮大聖人の出世の本懐である。
(B)池田名誉会長は、私の人生の師匠である。

 どちらかだけを信じている人は、ジレンマに苦しむ必要はない。
(A)だけを信じており、(B)池田名誉会長に対して反感を持っているならば、日蓮正宗という立場がある。
(B)池田名誉会長を慕っており、(A)大御本尊については無関心ならば、創価学会という立場に立てる。
(しかし、)どちらにも関心がないなら、少なくとも日蓮正宗や創価学会について悩む必要は無い。

 (だが)しかし(A)と(B)を同時に信ずる人は2014年の会則変更により、この両命題に引き裂かれることになる。
大御本尊への愛敬を持ちながらも、池田名誉会長も同時に尊敬していたら、日蓮正宗には居場所はないだろう。そしてその信仰心の対象である大御本尊を、自分が所属する教団の受持の対象から外されたら、行き場所が無くなり、二律背反の天秤棒の上を揺れ動くことになる

彼の話すこの理由は、確かに的を得ているような気もします。少なくともこう言う事に「執着」を持っている人間にとっては、ですが…。
執着」とは、池田先生を絶対の師匠として思い詰める人間、および大御本尊に対してのそれの、それぞれの「絶対的な執着」と言う意味です。

普通の学会員にとって、池田大作という人間は尊敬の対象である事は確か。
しかし、あくまでも尊敬の対象であって、それ以上ではありません。
大御本尊に関しては、自分の家にある御本尊を拝すればそれでいい訳で、今更大御本尊などは特に必要としていません。
故に、学会批判者、特に某最弱小宗門系の人間達が盛んにぶち上げる「池田教」や「偽本尊」云々の「都市伝説」の類いなどは、我々にとっては何の意味も持っていないのです。

平たく話すと、それぞれの家庭の御本尊に勤行なり唱題なりをして信心行をしながら、同時に池田先生(学会幹部)の書籍なり話を聞いたり読んだりして自分の信心の修正を行っていく、そう言う毎日ですから今更御本尊が偽物だとかなんとかの話など何の意味も持っていないのです。
実際に「功徳」が出ている毎日ですからね…(‘-‘*)

当記事で盛んに騒いでいる「会則変更」への文句申す的話の数々って、彼等執着の激しい人間で且つ学会の信心体験も何もない人間達の物言いでしかない訳です。

〇   〇   〇

この問題に関しては(学会員、学会批判者共々)、それぞれ様々な意見や批判も出てくるでしょうけども、少なくとも「基本の基本」として持つべきものは、自分自身の「信仰の基本」が一体全体どこに存在しているのかと言う事だと考えます。

信心の功徳の源泉は自分の家にある御本尊。
その御本尊に対して唱題をどれだけしていくか、そして他行を如何に行っていくか。
唯それだけだとやはり自分勝手な信仰に陥り易くなりますますので、その微調整をするために池田先生の言葉や書籍(個人的には大百蓮華)を利用するのです。
自分の生活に実際の功徳が出続ければ、それで十分だとそう思いません?
それ以上の何が必要なのか…。

似非宗教的な屁理屈をどんなに上手に捏ね回したところで、自分の功徳の出せないそんな「下手な考え休むに似たり的」な話をどんなに盛んに練り回してみても、さっぱり何の得にもなりません。

さて学会批判者の皆さん、そろそろ本気の功徳の話をしてみませんか?


関連記事

妄想を語る

「創価学会批評ブログ」★解体新書-Ⅰ

彼がウワサの「退転者製造機」

Author: 乾河原

1 thought on “2014年学会「会則変更」の話

  1. 文章を絶対視し、解釈等を一切認めない類の人間を原理主義者と人は呼ぶ。

    古の時代に固執する人は影で化石と呼ばれていることに気づいて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です