メニュー 閉じる

ネット依存症患者の「宗教の説明書」

大山鳴動するも、結局ゴミしか出てこない…と言う、自称「真の学会批判」ブログは、世に大海に浮かぶマイクロプラスチックの数ほど存在しています。

「世界一やさしい宗教の説明書」

「自称宗教学者」の彼女はABOUTページで、自分の事と創価学会の真実をこう語ります。

宗教について詳しくなってしまった、若くないおねえさんです。(要するに普通の主婦)
(略)
(創価学会員が)気に入らない近所の方を常時見張っては、陰口、中傷、プライベートを探ったり、留守の時に庭にゴミを投げ入れたり^^;
勧誘(※折伏)に失敗した逆恨みか(笑)
(略)
宗教、新興宗教、主要なカルト教団の内情を易しく説明し、実態をありのままに載せたのが当ブログです

ネット最依存者の当ブログ主が、学会だろうと宗教そのものだろうと関係なく、完全「無知識」満載の、そして空っぽな自身の頭を使って、頭の中だけの想像上の「創価学会」及び「宗教」の悪をぶった切ろうとします。
さて、中毒症で震える手に「日本刀」を持って、彼女は一体何を切断しようと言うのでしょうか…?

〇   〇   〇

ブログ主の彼女は「よくある質問と回答」で、自分の記事の信憑性をこう断言します。

 情報元は、元幹部、元芸能人信者、現役信者、議員、弁護士、宗教学者、新聞等です。
100%すべてが真実とは思ってはいませんが、9割、少なく見積もって8割は真実であるといえましょう。つまり、大方のことは、事実ということです

 しかし同時に「免責、連絡先、あとがき」でこうも話します。

 冒頭でも述べましたように、提供しました情報は、あくまで、関連書籍、要人発言等の情報の集約であることに留意してください。
また、その情報(大本の情報の提供者)全て完全に真実であるということは言い切れません

 片やネット依存者として自分のブログの情報は(ネット情報から言うと)9割方正しいのだと断言しながら、その一方で「真実であるという事は言い切れ」ないとも話します。
何が言いたいのやらさっぱりな彼女の言い分です…。
宗教に詳しい」のか全くの「無知識」なのか、さてどちらなんでしょうか?

 そんな「自称宗教学者」の学会に対しての「結論」は以下の通りです。(他にも色々様々に記していますが、取り上げるのも恥ずかしいほどのどうでもいい「学会都市伝説」ですし、内容も大同小異。その他大勢は無視します)

仏教(※宗門)から破門され、会長も除名処分を受けた後も、仏教(日蓮)のご本尊を無断借用し、改ざんして使用しており、(略)」

創価学会は、貧困や病苦などで苦しむものに近づき勧誘をしたり、キリスト協会(※教会)や寺院に出向き改宗を迫るなどして半ば強引な手法で(略)」

(池田氏はどういう人か、と言う質問に答えて)

本名、池田太作(いけだたいさく、別名:ソン・テチャク) その後、池田大作(だいさく)に改名。学歴は、夜間の短大中退で、町工場あがりのオッチャンです。
インターネットにおいては、(憶測の域を出ませんが)在日や朝鮮系と言われています

(創価学会はカルトか、と言う質問に対して)

はい。ドイツ、フランス、ベルギー、アメリカ議会下院、その他数カ国において「セクト(カルト教団)」「危険なテロ組織」としてカルト指定されています。
諸外国の公文書にて記載さている、正規の事実です(略)」

…以上ブログ記事「よくある質問と回答」から抜粋

…これが「宗教に詳しい、技術系アルバイト」に奮闘中のブログ主の宗教・学会知識の全てです(確実性80~90%…)。
宗門の名称を「仏教」と言ったり、教会のことを「協会」と称したり、また各国での創価学会の評価を学会批判者系のブログから何の考察も加えずにコピペしてすまし顔です。
他の記事を見ても、「宗教に詳しい」と言う彼女の言い分は80~90%の確率で嘘・でたらめだと断言できます。

そもそも掲載されている80~90%の記事内容はネット上にある学会中傷記事からの引用文です。中身を、何の調査も精査もしないそのままの文言をコピペしただけの、ただの三文創作劇の数々。
それを「真実」だと強弁する彼女のネット依存性の強烈さ…。

〇   〇   〇

ネット上には、この手の情けなさ過ぎる学会批判系ブログが余りにも多すぎます。
感情論は感情論としていいとしても、しかし「決めつけ系」の感情論ブログは悪質すぎる嫌いがあります。
世には、創価学会批判だから何でも許される、と言ういい加減な気持ちのネット依存者が多過ぎるのでしょうか…。

「邪宗」とは「邪(よこしま)な宗教」と言う意味もありますが、間違った思想、考え方と言う意味も含んいます。
まさに彼女のような人間が、邪宗の典型ではないかとはっきり断言できそうに思えます(80~90%の確立…)


関連記事

代作

「被害妄想」のお話

俯瞰中毒行動分析課-「対処編」

3件のコメント

  1. ピンバック:教条主義の行き着く先 | MonLinGen

  2. ピンバック:「創価学会はカルト」かどうか…疑問になってきました | MonLinGen

  3. ピンバック:柴田転び之助君のTwitter | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。