メニュー 閉じる

仏教って悪魔教?

様々な学会批判の世界に存在する病的ブログの中でも、このサイトは群を抜いています。
多分このサイトは学会批判系と言うより、オカルト世界の人間が、たまたま見つけた創価学会と言うかなり難解すぎな、でもちょっかい出すのにはちょうど良さげな巨大組織、という感じの完全興味本位で作られた、そんなある意味異様な世界観を持ったサイトです…。

〇   〇   〇

その名は、

Rapt』-「池田大作と…(糞長いので省略)…証拠」

一応リンクは付けておきます。
でも、読むべきではありません。理由は、兎に角オカルト世界の住民が仏法を見た感想文だと言う事ですから…。
それに文章がただ只管長いのです。オカルトに絶大な興味を持った人間なら兎も角、常識的に生活している人間にとっては彼の文章に目を通す事自体が、拷問です。
只管、ただ只管「悪魔教」「真の義人」「サナト・マクーラ」「鞍馬教」云々…と言う無意味な言葉が並んでいるだけです。

そしてブログ主は仏教が悪魔教だと断言します。その「証拠」と言う記事も自リンクしていますが、これがその「証拠???」と言う感想を持ってしまうような、そんな感じの内容です。
まあ、興味のある方は一読して下さい。若しかして意外に楽しめるかもしれません。

創価学会などのように熱心に仏教を信じている人ほど、人格に問題がある人、精神的に病んでいる人、精神的に歪んでいる人が多いという現実があります

彼はこう主張します。
どこからこう言う「証拠」を見つけてきたのか気になりますが、まあ簡単に話すと、例のアレ…ネット上からMCを受けた無造作な「コピペ」。

創価が崇める「上行菩薩」は「サナト・クマーラ」という悪魔です。
つまり、創価学会は「悪魔教」に他ならないわけです

彼は仏法が「悪魔教」である由縁をこう説明します。
これもまあ「アレ」の類いなんでしょうけど、何処をどう弄(いじ)くればこんな訳の分からない「結論」出てくるのか理解不能の彼の頭の中です…。

そもそも、この「サナト・クマーラ」。
今から1850万年前に日本の「鞍馬山」に降り立ったと言われており、この「鞍馬山」には「奥の院魔王殿」と呼ばれる「サナト・クマーラ」を祀った神殿があります

この文章はオカルト書籍の記事から抜粋のようです。
彼は仏法の知識は「皆無」ですが「魔王尊」や「地下空洞にある大都会」の知識に関してはプロフェッショナルのようです…。

〇   〇   〇

彼は自分を真面(まとも)な人間だと自己主張します。
で、こんな話もするのです…。

このブログに嫌がらせコメントを書く創価信者とおぼしき人たちも皆、どこか精神異常を思わせる人たちばかりです

そう言う人が彼のブログにコメントを入れる事もあるようです。
でも、彼はそのコメントを削除します。
で、その言い訳が…

私にとって都合が悪いから削除しているわけではなく、あなたのコメントが異常で低レベルだから削除しているだけなのです。それも分からないぐらい、彼らの頭と精神がおかしくなっているわけです

何をどう批判していいのか、よく解らなくなります。
彼の近所にはその手の治療が出来る家や建物は、無いんでしょうか……?


関連記事

「学会に騙された」を考える

「覚醒理由」を考える

彼がウワサの「退転者製造機」

4件のコメント

  1. ピンバック:恐ろしい「周波数」-2 | MonLinGen

  2. ピンバック:俯瞰中毒者への理解力 | MonLinGen

  3. ピンバック:ラキーチン氏のコメントについて | MonLinGen

  4. ピンバック:創価に関して貴方の意見を聞かせて下さい…な♥ | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。