メニュー 閉じる

創価 興隆の鐘

「宗教は生活法です」とは 2代会長戸田城聖の言葉

民衆救済として始まった創価学会 いま仏法は 社会全てに行き渡っている

罰とは仏法への反逆 功徳は仏の言葉の再確認

学会員として 活動を続けている限り 幸福そのものの人生を歩める

覚悟の人達よ 囚われた心から目覚めよ!!

創価興隆の鐘は 心の叫びと鳴り響く

〇   〇   〇

ブログ管理人ゼロ氏は、2016年秋、家族揃って目出度く学会を脱会しました。
先ず遅まきながら、おめでとうございます、と申し上げます。

創価 崩壊の鐘

当ブログは、学会2世として、退転後のその後の人生を深く深く反省しながら、また気ままに学会中傷記事を綴った私的日誌です。
冒頭の「詩」はゼロ氏の退転人生全てかけて作った渾身の創作詩の、そのMonLinGenからの返答詩です…。

このブログは、風情流れるセンチメンタルな感覚の記事満載です。
こう言う文章の進め方は、とても効果的、そして万人の心に訴えるものを持っています。
宗教のことを、特に創価学会の「信仰の本義」を何も知らないその他大勢の人間に対しての、このブログの言葉の効果は覿面(てきめん)だとも言えそうな、そんな情緒溢れる学会中傷記事の数々です…。

また、学会批判ブログ定番の「創価は宗教詐欺なのか」というテーマに関しての多さは、ゼロ氏の考える「学会教義批判」の次に数の多い記事の量になっています。ゼロ氏は本気で学会に騙されたと妄想しているようです…。
ただ、「詐欺」と言う言葉が完全に宙に浮きっぱなしの各記事の論理性のなさ。全てネット上からの「コピペ」文章。そして尚且つ、その情報には何の調査も考察もなされていない、そんないい加減さを曝(さら)け出してもいます。
つまり、どこかよく分からない未確認情報を、未確認のまま氏の感情論が加えられた三文詩でしかないのです。

でも、こう言う感じのものは同類の仲間内では結構受けそうにも思えます。

そもそも、ゼロ氏の大好きな例の「(嘘八百の)対話を求めて」を絶大に応援している姿を見ると、このブログ全体の資料元と、その処理の仕方がはっきり見えてきます。そう言う意味では、その他大勢の学会中傷者仲間と五十歩百歩だと言えます…。

本当の批判とは、善悪、良否、対抗勢力等の「意見」も加味して、その上で自分の意見を表明するものですが、ゼロ氏も含めた「学会批判者達」の学会への中傷はその基本の基本もなされていません。
感情論はそれはそれで面白い書き方ですし否定はしませんが、その無秩序に溢れまくる感情をそのまま既定の事実として描き続けると言うことは、「批判」記事としてはやはり間違っています。
…まあ、と言ってもゼロ氏にこの言葉は届く事など無いでしょうが。

当ブログはまだまだ続いていく模様です。
また、時期を見て再度ここに訪問して、何か別の面白そうな言葉を探してみたいと今考えているところです。

〇   〇   〇

ゼロ氏はブログの中で様々に流麗な記事を流し続けていますが、一度ここで立ち止まることをおすすめします。(若し話が届いたらですが…)
そして、各先生の話されたこの言葉を心の中で再度反芻すべきではないかと、そう考えるのです。

三障四魔には決して負けては駄目だ。最後の最後まで信仰を貫け。そうすれば、人生の最終章には必ず幸福の境涯の鐘を鳴らす事が出来る…』

これが、創価学会の本当の『』の意味です…。


関連記事

Yahoo! 三文劇場

バカは操(あやつ)られる

ネット依存症患者の「宗教の説明書」

1件のコメント

  1. ピンバック:覚醒者からの10訓 | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。