メニュー 閉じる

話し続けること

4月の本幹で、原田会長が先生の言葉を引用されて話された指導が,強烈に心に残りました。

折伏対話とは、千年前の人に現代の原子力設備の説明をするようなものだ』(要約)

…と。

〇   〇   〇

本当にそうだと思います。現代人でも原子力の話は難しいのに、昔の人においそれと理解出来る訳はありません。

折伏対話とは、「そもそも理解出来ない話をしていく」という事が大前提なのかも知れません。その基本の心構えがないと、勢い「理解させよう」という方向になってきます。そうなると「強引な対話」に相手を引き釣り込んでしまい、結局相手も自分も傷ついてしまいます。「どうして判ってくれないのか…」「何も知らない馬鹿者が…」「これだけ真剣に話しているのに…」等々…。よくあるド壺に落ち込んでしまいます。

相手に対しては当然真剣だし,題目もあげ続けていることも事実なんでしょうけど、『上手く行かないことは,当然と考えるべきだ。トントン拍子に話が進む事自体、不思議なことだ』という大聖人のお言葉を思い出すと、折伏という行為が簡単に段階を追って進んで行くはずはありません。

まあ、折伏途中の当事者には、なかなかそのポイントが見えてこないことは誰にでもある事なんでしょうが、でも時折立ち止まって、一二歩引いた俯瞰(ふかん)で見る時間を持つことも、やっぱり必要なんでしょうね。

折伏』は結局の処「理屈」では無いようです。

理論で信心が理解出来る様な、そんな奇特(きとく)な人はこの世の中に一人として存在していないという事になかなか気付かないのが、末法の衆生の我々なんでしょう。

理屈を極(きわ)めて日蓮仏法を信仰された牧口初代会長は、数百年に一人出るか出ないかの希有(けう)な方です。普通はどこにでも転がっている、自分も含めてですが、頭の悪い頑固者の「凡夫」達です。目の前にリンゴがあっても、全く見えません。まして手にとって食べることなど決して出来る訳はありません。

〇   〇   〇

我々に出来るせめてもの事は、彼(彼女)にリンゴのある場所を「指し示し」続けること、そして「食べると美味しいよ」と言う事を、ひたすら話し続けていくことなのかもしれません。


関連記事

「自分の出来る活動」を考える

「宿業とは」のお話

「対話を求めて」の管理人さんへ質問と回答

5件のコメント

  1. ピンバック:職場での小さな「宿業転換」の話 | MonLinGen

  2. ピンバック:十界論の話 | MonLinGen

  3. ピンバック:画竜不点睛 | MonLinGen

  4. ピンバック:「自分の出来る活動」を考える | MonLinGen

  5. ピンバック:2018年2月21日 地区座・体験談 | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。