メニュー 閉じる

「感得」のこと

管理人さんは重要な点を感得でごまかす

これはあるコメントの一部です。最近のものですが、去年から同じ話を他の人からもされています。
先日から「対話」をしています。そして、今回の「体験」(感得)の話となりました。その説明をほぼ原文のまま掲載します。若し若干でも納得出来る事があれば、嬉しいですね。

〇   〇   〇

「感得」とは、「体験」と同義です。自分自身の体験を、監督という表現を使います。この事は解くに異論が出ないような気もしています。
信心は「体験」が第一だとは、よく話されます。この言葉を「感得」が第一だと言い換えることも可能です。

「合気武道…「合気」と言う基本的な技術で全ての技を仕掛けたり受けたりします。これは筋肉的な「力」でもありませんし、精神的なものでもありません。合気道に親しんでいない人間にとっては信じられない話に聞こえますけど、これは「事実」の技術です。個々の才能にも拠りますけど、例えば10年とか20年の修行期間で身に付くようです」

この例え話(とは言え事実の話ですが…)は、私がよく出すものです。アンチ系は信心がありません。(故にアンチ学会だと自称している訳です)その人達に対して、

「学会の信心…学会での信心体験は、意外に初心の功徳がありますので、下手をすると1ヶ月とかそんな感じで出ます。信心は「方程式」だと戸田先生が言われていましたけど、やるべき事をきちんとやれば結果(体験)は必ず出ます。出ないのは、やっていないからです」

と言う話が聞けるかどうか…?簡単に想像出来るはずです。

例え話は「方便」の話です。方便から当人に演繹して欲しいから、そう言う話を(ある意味その人に合わせた話)する訳です。

上述の合気のことを更に話すと、「合気」の「感得」「体験」は、果たして「慢心」なのでしょうか?だとすれば、塩田剛三先生は慢心のかたまりだったと言う事になります。
信心でも何でも「感得」「体験」が大事だと言う事は論を待ちません。

何故「感得」=「慢心」になるのか、私には未だに理解不能の状態です。

〇   〇   〇

題目の凄さは優れて個人的な「感得」です。「体験」だと言い換えることも、全く可能の話です。

学会で昔言われていた話、「リンゴは食べてみないと味は分からない」の意味は、「リンゴの味を感得・体験する為には、結局食べてみることが一番」だと言い換えれます。この言い換えのどこに矛盾があるのでしょうか?

上記の話の一体どこに間違いが存在するのか、伏在しているのか、どなたか道理を尽くした、分かり易い説明が欲しいものです。


関連記事

職場での小さな「宿業転換」の話

脳梗塞入院での顛末-Ⅰ

話し続けること

1件のコメント

  1. ピンバック:湯船の中の輝き | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。