メニュー 閉じる

知恵袋の「学会批判」を考えてみる

今回は、若干古い「Yahoo!知恵袋」のQ&Aです。
質問者の彼女(だと思います)が、ネット上で「アンチ学会」から盛んに寄せられる「批判」に対して、どうしてこんなに学会中傷が多いのか教えて欲しいと言う、ある意味とても純粋な疑問を「批判者達」にぶつけている、そんなページを見つけました。
それだけであれば、その他大勢の「学会批判知恵袋」と変わりませんが、そこに集まっている「回答」が存外良質な、ある意味善意を感じる内容の文章が多いことに興味を持ったのです。

普通なら、学会関連への「回答」は荒れに荒れまくるのが「常識」です。
若しかして質問者の彼女の「純粋さ」が、学会批判者達に伝染した結果なのかなと思い、今回取り上げてみることにしました。
また偶然なのか、全体をよく読んでみると「学会批判」のほぼ「全種類」が出揃っています。

かなり興味深いQ&Aですので、これらの「回答」の要約をそのまま記事にしてみました。重複する批判内容は削除していますが、これらの「学会批判」を読んで貴方はどう思われるでしょうか…。

〇   〇   〇

ソースは「Yahoo!Japan知恵袋 アンチ創価学会」(2007/3/4 23:42:59)です。
但し、「回答」の数が非常に多く、全部を読むのは大変だと思いますので、今回リンク処置はしていません。(若し、興味ある方は「コピペ検索」お願いします)

さて、学会員の彼女がこんな質問をしています。(中間文は削除)

質問者の意見

ネット初心者です。知恵袋をみてアンチ学会の人の意見などを見て本当にびっくりしました。・・・というかこんなに嫌ってる人がいるなんて大変悲しくてショックです。
・・・私自身、学会に入ってみて本当にいい人にばかり出会ってるので信じられない感じです。
(中略)
(学会批判者に言います)よく知りもしないで学会の全てを中傷するのはやめてもらいたいです。
私の考え、まちがってますか?学会内の方にも外の方にもお聞きしたいです

彼女の真っ直ぐな、誤魔化しのない質問姿勢が回答者にも伝わったのか、寄せられた回答数が合計33件です。この数字は「知恵袋」的には多い方ではないかと思います。
同時に「回答」の質も良いようにも感じます。

以下、それぞれの「回答(の要約)」を記してみます。
一つひとつはいつもの「学会批判」に見えますが、全体を俯瞰(ふかん)で見てみると、かなり重い問題が浮き彫りになってくるように思えてきます…。

1,ベストアンサー

…伯父お葬式の時に親戚の学会員がきました。そしてこんな事を言いました。
「学会を拒否するからこんな事(病死)になったんだ」と。

私は、それまでは学会には特に何も感情は持っていなかったのですが、それ以来学会がとても嫌になりました。
更に、学会員の友人から、個人的には何の興味も無い選挙応援も頼まれます。
フランスでカルト指定されているような学会だから、この様な様々な(反社会的な)行動を取るのでしょうか…。

2、…親の関係で学会の学生部に所属しています。でも、会合がある度に誘われて正直ウンザリしています。で、20歳を過ぎたら脱会する予定でいます。
近所にいる学会員は悪い人はいないのですが…。

3,…自分の親が入会しろとうるさい。選挙の度に公明党に入れろと強制される。更には夜、女子部の幹部の訪問時、ほぼ初対面なのに幹部の彼女は30分近くも自分勝手にしゃべっていて、こちらに対する気遣いが何も感じられなかった。
私の意向もまともに聞いてくれない学会は、嫌われて当然。

4,…知り合いの学会員は選挙のため「だけ」に連絡してくる。本当は気楽に一緒に遊びたいのだけど、会っても宗教の話をされるので気が重くて会えない。

5,…学会は高齢者を狙って人の弱みにつけ込む「宗教勧誘」をしている。とても悪質な手口で言語道断だ。

6,…騙されて会館に連れて行かれた。また、別れた彼から2年振りに電話が来たけど、選挙応援の依頼だった。選挙の時だけ連絡するのが、学会で盛んに宣伝している「人と人の絆を大事」にすると言う事なんでしょうか…?

7,…大きな団体には、様々な種類の人がいると言う事も現実だと考えます。(他宗の信仰者の言)

8,…学会は「政教一致」だから嫌だ。

9,…この会長(池田大作)さんは名誉ばかり自慢している。とても安っぽく感じる。

10、…学会員は、普段は良い人に見えるのですが、会って話した時、「幸せ」や「未来」という話題になると突然語調が強くなるようです。また、学会以外の人は全て汚れているという意味の話をするのも嫌です。
会員達はともかく、学会の幹部はお金で動いています。

11,…私は無神論者だけど、学会は、オウム真理教や統一教会と同様のカルトだと考えている。また、暴力団とも繋がっているのではとも考えている。更には、芸能人を信仰の広報活動に使っているようだ。
立正佼成会の様な、まともな宗教団体に生まれ変われないのでしょうか?

12、…戸田会長の時代は良かったけど、今の池田名誉会長になってからは「偽御本尊」などを配布したりしてとてもいい加減な組織になっている。

13、…先ず、宗教と政治を切り離すべき。また、池田を過度に讃えることは間違っている。そして、他宗のことを非難するのはやめるべきです。自分達だけが正しいと思い込むことは駄目だ。
そもそも、宗教はお金を取るべきではない。

14,…中学の同級生の家が学会ですが、家に遊びに行こうとして電話すると、「〇〇ちゃんなんてウチにはいないよ」と電話を切るおばちゃんがいました。
また、学会の集会に行くと異様な雰囲気だった。

15、…日蓮正宗の人間ですが、どんな組織でもそのトップが間違っていると、末端の人も知らず知らずのうちにその方向に先導されていくようです。
本山には、そんな末端の人々が沢山見えられていますよ。

16,…学会員は、数ある「学会批判」にもっと真摯に耳を傾けるよう努力すべきでは…?

17,…創価学会が何故批判されるかというと、学会は自分達以外を人間扱いしないからです。
そんな学会の被害者を減らすべきです。

18、…私は(学会に)監禁されたこともあります。そんな学会は嫌われて当たり前です。

19、…私は、宗教っぽいのは好きではないです。でも、学会員が会員のままいるという現実を見ると、学会にも何か惹かれるもの(良い部分)もあるんだとは思います。中傷は悲しいですが、学会批判は気にしないことが一番ではないでしょうか。

20、…創価=キムチでしかありません。何か(宗教)に熱中し過ぎると、周りが見えなくなるのは人間の習性です。

21,…宗教を利用して信者から金を巻き上げる行為は最低だと思います。人の弱い心につけ込むという遣り方が卑怯です。

22,…確実に言えることは、自公連立の時期から日本が悪い方向に進んでいると言う事だと考えます。

…以上

※   ※   ※

これらの「意見」を単なる「中傷」と取るか、それとも「聞くべき意見」だと考えるかは人それぞれでしょう。
確かに「回答」の中には、こちらがどんなに善意に受け取っても、明らかな「中傷」や「学会都市伝説」でしかないものもあります。しかし、全体を読んでみるととても真摯なものを感じます。

さて、
ベストアンサー」の伯父さんのエピソードは、想像するに「会食」での出来事だと考えられます。
お酒の席での失敗は、学会員と言えども普通の人間と同じですから、やはりついやって(言って)しまう事もあります。昔(学会草創期)はこう言う事は、多分普通によくあった話だと思います。そう言う無感覚での行動の結果が、現在の「学会批判」に繋がる原因の一端であった事も間違いありません。
相手の「受け取り方だ」と言ってしまえばそれで終わりですが、やはり気を付けるべき事ではあります。

しかし、「学会批判」をいつも気にしながらの生活だと、唯ひたすら疲れるだけの人生になってしまい、一体何の為の信心か分からなくなります。

…一般人を交えた酒の席では、学会や信心系の話をしないように気を付ける…と言う事が一つの解決策かも知れません。

学会/公明党の政教一致…云々」。これは学会員の「説明不足」というよりも、これこそ受け取る側の「意識」「知識」の問題だと私は思います。
何故なら、マスコミやネット上でこれだけ「政教分離原則」の問題が様々な角度からされていて、且つ現政権の「結論」もはっきり出ている現時点において、今更「違反云々」の話を蒸し返している批判者に対しては、敢えてこちらが真面目に聞く必要も、更なる説明を繰り返す必要もないと考えます。
どんなに正しい理屈を話したとしても、「批判したい人」は、兎にも角にも「学会批判フィルター装着」の耳で聞いているので結局全て無駄という話になる様です。

…とは言うものの、やはり大聖人の言われる通り「強いて聞かせるべき」なのでしょうか…。

戸田会長の時は良かったが…」のフレーズもよく見ます。
これも「偏見」の一つなんでしょう。そしてその続きの話として、池田先生の時代になってから「偽御本尊」が出回わり出したと言う学会批判が待っています…。「偽御本尊」や「カラコピ」とは、要するに「印刷」した御本尊のことをそう呼んでいるようです。
弱小宗門の「新規」法華講員の増員数程度なら、一体一体の「御本尊御書写」も全く余裕で可能でしょうけど、現在の学会、特に世界の学会の増員数を「御書写」などでまかなうことなど到底不可能です。
「批判」は好き好きでいいとしても、こう言う現実の学会の「状況」も鑑(かんが)みた「相手の立場を弁えた批判」をして欲しいと、個人的には思っています。

まあこれも、「代作」や「牧口、戸田両氏は戦争賛美者」等の話と同じ路線のものでなんしょうか…。

学会から監禁された…」話もよく聞きます。
これは、「会館での対話」を、個人的にそう「強く実感」したと言うだけの事なのでしょう。でも、この手の「主観だけの体験談」がネット上に広まると、今度はそれにプラスされた「学会員からの監禁・暴行」…と言うあらぬ方向の「都市伝説」にまで発展してしまいます。
多分に被害妄想っ気の多い人種の、学会への片寄った思い込み感覚だと言えそうに思えます。

ちょっと面白いのは「創価=キムチ」です。この話の元は、「創価学会は朝鮮宗教」(池田大作は朝鮮人)と言う例の「学会都市伝説」ですが、その「簡易版」なのでしょうか。個人的には何となくお気に入りの「お話」です。
この人と、可能であれば学会の会館の一室を貸し切りにして、お互い腹を割った対話を数十時間程やってみたいものです…。

〇   〇   〇

…と言う、纏(まと)まった話なのか、単に誤魔化しただけなのかよく分からない記事になりましたけど、とにかくそれぞれの「回答」を読んでどう思われたでしょうか…?
何となくの感想でも良いので、若し何か閃きましたらコメントでも寄せて頂ければうれしいです。


関連記事

さらば! 創価学会中傷に関するものたち

創価学会の政治参加への是非を考える-①

「罰」と言うものを考える

2件のコメント

  1. ピンバック:創価学会員の噂話 | MonLinGen

  2. ピンバック:愚癡と嘘話の世界 | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。