メニュー 閉じる

[要拡散] 創価学会は恐怖の宗教だにゃん♪

かなり面白・おかしい学会批判ブログを、この度ネットで久しぶりに見つけました♪
ここまでの創作劇を読まされると、他のちょっとした罵詈雑言系の学会批判の記事類も、何だか出来の悪い三文劇に見えてきます。

みんな気づいて!(略)を要検索![要拡散] 創価学会(=公明党)は恐怖の宗教!!

〇   〇   〇

何度も話しますが、ここまで酷い学会批判記事は、世に学会批判ブログは多しとは言え、これだけの「冥作」は、はっきり言って他には全く存在しません。
兎に角、ここには世に存在する学会における「都市伝説」「非難中傷」「偏見」「ヘイトスピーチ」等の全てがつもりに積もっています。おまけにそれにプラスα、β、γ……何でもコイ!という感じのブログになっています。

このブログは是非皆さんにも読んでほしいと、切に思います…。
先ず、こんな話から始まります。

(創価学会とは、)これは(北)朝鮮の利益を守るためにそのように(学会内部情報の公開はされない様に)なっている。

この創価学会の代表は『池田大作』、本名『成太作(ソン・テチャク)』という(北)朝鮮籍の在日朝鮮人二世で、創価学会の『言論部』という組織が日本国民の情報元であるテレビと新聞に対して、母国朝鮮のための激しい干渉をしている。
そのため皇室と並んで創価学会がタブーとされているのだ」

 上述の上中段部分までは、いつもの学会批判代表作の池田は朝鮮人と言う話を、そのままコピペしたものですが、下部の皇室と…云々」部分は、MonLinGenもお初見の内容です。
何故、何の理由からの「タブー視」なのかは理解出来かねますが、逆に解釈すると彼は、創価学会とはそれだけ「偉大な組織」だと、そう言いたいと言う事なのでしょうか…?

一時期、創価学会の強引な宗教勧誘が話題になったが、それらの勧誘で 「池田大作と北朝鮮の金正日が親しげに対談する布教用ビデオ」などが 使われていたことからも政治的に強い力を持つことはわかるだろう」

 金正日と先生が対談するビデオというのは、個人的には見たことも聞いた事もないものですが、若しかしてそういうのがあるのかも知れません。
しかし同時に、他の様々な国の重鎮達との対話のビデオも現実には存在しているのですが、どうしてブログの彼はそれらの事実を完全に無視して、たった一つの対話ビデオに対してこれだけの執着をするのか、ちょっと理解不能の彼の偏向的性癖趣味です。
無意識的に彼は、北朝鮮の金総統に対して異常な愛情を持っているのかも知れません…ね♪

「ちなみに 池田大作はじめ創価学会の幹部はことごとく在日朝鮮人である。

彼らは庶民階級を騙してお布施を集金し、在日朝鮮人の特権拡大のために政治力をふるう。 もちろん韓国の侮日(日本を見下す)運動を組織をあげて支援している(し、)また、芸能界に多くの在日タレントを送り込んで上手く育てば広告塔として利用していることも比較的知られていることである」

 これも、なかなか素敵過ぎの学会組織への感想文となっています。
ブログの彼の頭の中の一般常識の「具合」は、さて一体全体どんな混乱を極め尽くしているのやら想像もつきません。

彼の中の学会知識は、一体全体何処の国のものなんでしょうか?
そして、彼は自分の話している学会話を、自身本気で信じ切っているのでしょうか?
恐ろしいまでの彼の強弁です。
そして、更にこんな「お話」までしてしまいます…。

「彼ら(朝鮮宗教の創価学会)の目標を簡単に説明すれば、「日本という国の中に、独立した朝鮮国を作ること」であり、最終的には「その朝鮮国を拡大して、日本の体制を変えること」である。
具体的にいえば、政治面では、公明党が政権を樹立することを目標し…」(ウザいほど長々延々と続くので…以後全て省略)

創価学会とは、日本国を北朝鮮の金総統の命を受け征服するために日々日蓮仏法を行じている、などと言う「お話」はかなり驚異的、且つ斬新な新情報だと言えます。
一体全体、何処の何を弄(いじ)くるとこんなモノ凄い話が作り出されてくるのでしょうか?
不思議…と言うよりも、返って何だか意外に感心してしまうような、これはそんな面白凄い話になっています。

〇   〇   〇

他にも興味深い「お話」が続いていますが、それはそれとして、最後は彼の本気で考える創価学会の真実話を、これまた長ったらしいので面白い部分だけを切り貼りして載せて、この「世界冥作文学全集」の特集を終えたいと思います。

彼は自分と同様のその他大勢の患者…いや、学会批判者達にも理解出来るように、端的に学会の特徴を箇条書きにしています。
その味わい深い文意をお楽しみください…(‘-‘*)

[創価学会とは?]

 ○驚くべき売国主義 「反日主義者の精神構造」を持った団体
○極悪カルト創価学会
○フランスでは「カルト指定」
(略)
○公明党の存在そのものが明確な憲法違反
(略)
○国籍法改正案の影に…(北朝鮮の思惑が…)
(略)
○創価学会犯罪者リスト
○選挙を棄権することは危険!(公明党を野放しにする危険が)
(略)
○公明党と警察の組織犯罪とも言える明らかな不当逮捕と冤罪事件
(略)
○脱会者からの証言と恐るべき創価学会の実態
○もはや犯罪組織とも言える宗教団体が反対者に末恐ろしい仕打ち?
(略)
○創価学会・マスコミ・警察がグルになって一般国民をリンチ!?
(略)
○投票券を持ち去り公明党に票を入れる「集団替え玉事件」
○言論出版妨害事件

一度是非々々、あなたもこの面白すぎるブログを読んでください。
腹を抱えての大爆笑は必至です…(‘-‘*)♪(‘-‘*)


関連記事

恐ろしい「周波数」

「被害妄想」のお話

楽しい陰謀論のお話

7件のコメント

  1. 匿名

    魔界創価地獄というブログは、もっと面白い。学会の内部事情を暴露しているので、一見の価値あり。他のブログにはできないことが書きまくってある。そこにしびれるあこがれるのだ。

    • MonLinGen

      神龍天舞(匿名)さん、こんにちは。
      コメントのお返しが送れて申し訳ありません。

      実を言うと、記事「[要拡散]創価学会…」時の神龍(匿名)さんからのコメントを見て「魔界創価地獄」名のブログを検索したのですが、その時点でマッチするものが見つかりませんでした。
      失礼なんですが、若しかしてこれってスパム系?と考えて、そのままにしていました。

      今回更に匿名ではなく神龍さんというお名前にてまた同じコメントを頂きまして、再度当ブログを調べましたが、結果は同じでした。
      多分私の検索力が足りないようです。

      若し良かったら、当ブログのアドレスでも教えて頂けると有り難いのですが…。
      よろしくお願いします。

  2. 神龍天舞

    魔界創価地獄のアドレス https://www.dragon-illusion.com
    これは内部事情暴露ブログだ!!
    学会に嫌な思いをさせられた人を救済するのだ。
    検索で見つかるはず。俺は一発で出てきた。
    木絵二像開眼之事という御書に「開眼供養のない本尊には悪鬼が宿る」と書かれている。学会の本尊は開眼のない偽本尊だ。toyoda.tvという日蓮正宗の動画を見ればよく分かるのだ。この動画に出演している樋田正志氏は仏法に造詣が深い人だ。学会員の教学力では樋田氏には勝てん。御書どころか普通の本すら読まん奴等が日蓮正宗と法論をしても勝ち目はないのだ。

    • MonLinGen

      神龍さんへ

      ご紹介のブログを読んでみました。
      で、来週の月曜の記事にその感想を載せたいと思います。

      ありがとうございました。

    • MonLinGen

      神龍さんへ
      こんにちは。
      魔界さんにブログ記事の紹介をしようとしましたが、コメントは受け付けていない様ですね。
      若し読んで頂ければと考えたのですけど…。

      まあ、仕方ない話だと思います。
      また何かありましたら、コメント下さい。

  3. ピンバック:リカコ…愛と怒りの池田死亡説 | MonLinGen

  4. ピンバック:さてはてメモ帳…What are you thinking | MonLinGen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。